どんなフードを選べばいいの!?

世間には様々なドッグ・キャットフードがあります。スーパーマーケット、ホームセンター、コンビニにもフードが売っている現状です。
その中で「ワンちゃんにどのようなフードを与えるのが最適なのか」とお悩みの方々も多いでしょう。まず、皆さんはどのような観点からフードを選ばれるでしょうか。値段、品質、食いつきの良さ等色々と考えることがあると思います。一番に思いやって頂きたい事はワンちゃん・ネコちゃんの健康状態ではないかと思います。やはり、安価なフードには安価な理由があります。かといって高いフードだから安心というわけではないため、フード選びは本当に難しいです。そのワンちゃんの年齢や皮膚状態や体調を考慮してフードを選んでいただくことが一番理想かと思います。その中で三つの大きな視点を知って頂きたいです。

1.穀物不使用

本来、肉食である動物を祖先に持つワンちゃん・ネコちゃんは人間には馴染みのあるお米や小麦やトウモロコシなどは不要です。しかし多くのフードにはかさ増しとして、使われていることが多いです。穀物不使用のフードはグレインフリーと記載されています。

2.ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、人間が食べることができるレベルの食材しか使っていないという表示です。すべてのフードがということではありませんが、安価なフードの肉には人間が食べないような部位である骨や羽や、その他もろもろ何が入っているか分からないです。

3.添加物不使用

添加物の長期的な接種はワンちゃん・ネコちゃんの体調に良くありません。がんや様々な疾患をもたらす可能性があります。
ワンちゃん・ネコちゃんのフード選びは健康で長生きして、少しでも一緒でいられる時間を有意義に!といった観点から選んでいただければいいかと思います。

原材料に要注意

これだけ知っておけばフードを選ぶポイントになります。それは原材料の表示です。原材料の表示は内容量の多い順番に記載されています。そのため、最初に記載されている原材料が穀物の場合は注意が必要です。カロリーオフのために、あえて穀類が多く入っているフードもございますが、ワンちゃんにとって重要な栄養素が含まれている肉類・魚類が一番最初に記載されているフードを選ぶといいでしょう。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ