アメリカンショートヘアの起源とは!?

日本でも人気のあるアメリカンショートヘアーは現在では、アメリカを代表する猫ですがもともとはイギリスのブリティッシュショートヘアが直系の祖先猫です。その歴史は1600年頃にヨーロッパからアメリカへ渡った移民が連れてきた短毛のネコがはじまりとされています。この短毛のネコはもとより、ペットとしてアメリカに渡ったわけではないため、開拓時代には穀物を荒らすネズミやヘビの撃退に活躍していました。そのため人間や家畜をねずみやヘビなどから守ることで、かけがえの無い家族として愛されました。
家族にやすらぎをもたらした猫の中から、見た目や性格の良い猫が選び抜かれ、性格・体力・ルックスともに揃った理想のコンパニオンへと改良され、1906年に血統登録されました。しかしこの当時はショートヘアという名称で登録されており、アメリカンショートヘアとして登録されたのは1966年でした。アメリカンショートヘアは開拓時代の野性的な名残を残しているので、環境の変化に耐えられるたくましさを持ち合わせています。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ