体高により呼び分けられるプードルのワンちゃん

現在、日本では「プードル」といえばティディベアのぬいぐるみを連想するような、小さくて愛らしいトイプードルちゃんが頭に浮かびますよね。ただ実際にはこの「プードル」という犬種は、大きいサイズから小さなサイズまで様々な種類わけがされています。こちらの種類わけは、体重では無く体高(肩の高さ)によって分かれます。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット
○スタンダードプードル
体高45㎝~60㎝
体重16kg~25kg前後
すべてのプードルの原型と言われる種類です。スタンプーの愛称で馴染みのあるスタンダードプードルは愛嬌もあり、とても賢く気品漂う犬種です。ただ、サイズがとても大きいので最近ではあまり見ることも少ないかもしれませんね。
○ミディアムプードル
体高38㎝~45㎝
体重8㎏~15㎏前後
○ミニチュアプードル
体高28㎝~38㎝
体重6㎏~7㎏前後
ミディアム、ミニチュアサイズのプードルちゃんもあまり見かけることはないですね。
トイプードルとして飼われて大きくなりすぎてミニチュアサイズになってしまったなんてことはあると思いますが、実際のミニチュアプードルはトイプードルに比べると骨格もしっかりしており、スクエアでマズルも長いです。
○トイプードル
体高28㎝以下
体重3㎏前後
すべてのプードルの中で、JKCの登録件数は95%以上がこちらのトイプードルです。プードル=トイプードルと連想づくのもうなづけますね。
そして、トイプードルは全犬種の中でも断トツの1位で、名実ともに現在日本で一番飼われている犬種です。
また、JKC登録としてはトイプードルですが、最近ではさらに小さいサイズのプードルがいて、その子たちをタイニーサイズ、ティーカップサイズなんて呼ばれています。

このページの先頭へ