ノルウェージャンフォレストキャットの起源とは!?

ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェージャンという愛称で親しまれ、ノルウェーでは「森の妖精」などとも呼ばれ様々な神話に登場するネコのモチーフとして考えられているネコちゃんです。また、野生のノルウェージャンを見ると幸運が訪れるという言い伝えもあるみたいです。起源は非常に古く、11世紀にまでさかのぼると言われています。ノルウェーの厳しい寒さの中で生きていくために厚い被毛を持つ大きな身体へと発達しました。雪原を歩くため指の間に長い毛束を蓄え、寒さをしのぐ役割を果たしています。ノルウェーで広く愛されていたノルウェージャンフォレストキャットですが一時は頭数の減少が問題となりました。 しかし1970年代に頭数の確保に対する意識が高まり、アメリカへ渡り1980年に正式に品種として公認されて世界に発信されました。メインクーンという描種に似ていたことから、一つの品種として認められるまで時間が掛かりましたが違いを明確にし、1990年代ににCFAという猫の血統を管理する団体より、独立した品種として認められ、それ以降は人気の猫種として親しまれています。 堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ