マーキングってなんなの!?

ワンちゃんがマーキングをすることは、本能的な行動の一つで、他のワンちゃんへのアピールをしているようです。皆さん電柱におしっこをしているワンちゃんを見たことはあると思います。これは「この電柱は私の縄張りだぞ!!誰も近づくんじゃないよ!」というようなことを思ってマーキングしているのでしょう。自らを大きく見せるためにできるだけ電柱の高い所をめがけておしっこをかけています。

どんな場所でマーキングが見られるの!?

散歩の際に、電柱や塀に足をマーキングをしたりします。また家の中でも、いたるところにマーキングをしたがる犬もいます。私は信号待ちをしている時に飼い主の方の足におしっこをしていたワンちゃんも見たことがあります。

どんなワンちゃんがマーキングをするのか!?

だいたい皆さんは男の子がマーキングをするという認識があると思います。しかし中には女の子もマーキングをするワンちゃんもいるのです。
女の子でマーキングをするワンちゃんの多くは子犬の時に、男の子のワンちゃん社会で育った犬は足をあげてマーキングをする子がいます。そうは言ってもやはり男の子のワンちゃんの方が圧倒的にマーキングをする子が多いです。体格はあまり関係なく、活発なワンちゃんほどマーキングをする子が多いです。

散歩中のマーキングに関して

ワンちゃんは散歩する道中は自身のなわばりだと主張してマーキングをするのは本能的なことです。だからと言ってそのままにするのは近隣の皆さんの迷惑にもなります。出来る限り飼い主の方は周りへの配慮を持ってお散歩に行きましょう。マーキングをする際に出る尿は普段の尿よりも臭いがきついので、理想であれば消臭力の強いスプレーを吹きかけることですが、水で洗い流すだけでも臭いは少しは落ちるので、散歩中にはスプレーや水を持参するように心がけましょう。

家の中でのマーキングに関して

家の中でのマーキングをする行為は非常にやっかいですね。まずは主従関係の構築をすることからはじめます。家の中でのマーキングは自分の縄張りだと家族に主張している行為です。多くは家族の皆さんよりそのワンちゃんの方が立場が上だと思っているケースが多いようです。そのため、基本的なお座り・待て・伏せというしつけからはじめて正しい関係を築くようにしましょう。そうすることでワンちゃんの認識も変わるでしょう。

去勢・避妊で無くせるマーキング行為

生後半年~1歳程の間に去勢手術をすることで、ワンちゃんのマーキングは抑えることができるようです。とはいえ、100%治まるわけではないためそこからのしつけが必要とされます。しかし去勢や避妊手術をすることで少なくともワンちゃんにかかるストレスや病気の発症を抑えることができるので、マーキングの問題のみならず、一度検討いただいてもいいかと思います。手術というとかわいそうというイメージがあるかもしれませんが、寿命が伸びたりがんになる可能性が低くなったりと良い一面もあるんです。

このページの先頭へ