トイレトレーニング

当店にやってきたワンちゃんはその日からトイレトレーニングを毎日しております。方法はトイレトレーの中にトイレシーツを敷いてそこに置いておくといったシンプルな方法です。ワンちゃんによってはトイレを認識してそこでトイレをするようになるワンちゃんもいればトイレとは「別のある位置」でトイレをしてしまうワンちゃんもいます。そのため、お迎えいただくころにはトイレは完ぺきに出来るワンちゃんも少なくはありません。しかし連れて帰って頂いて違うところでトイレをしちゃいましたといった声も頂きます。そうなる理由や理想的なトイレトレーニングに関してこちらに記載していきます。

お店でできていたのに連れて帰って出来なくなった理由とは

お店ではトイレをミスすることがほとんどなかったワンちゃんがご自宅ではミスがよくあるという事例の理由としては、ワンちゃんは自分が生活していた場所(ペットショップもしくはブリーダーさん宅の生活スペース)のそこに位置するトイレトレーが自分のトイレをするスペースだと認識しているためでしょう。その場合にはお店で使っていたトイレトレーと同じものを使用すると早く覚えてくれるでしょう。

別のある位置でする理由と対策

トイレとは別のある位置でいつもトイレをするワンちゃんは自分の生活スペースのそこの位置をトイレだと認識しているのでしょう。そのためトイレトレーでトイレをさせるためには、そのある位置の上にトイレトレーを置けば、そこでしてくれるケースがかなり多いです。

理想的なトイレトレーニング

お迎えするワンちゃんは生活環境や生活スペースがいきなり変更になるので、それなりにストレスや不安もあるはずです。そのため連れて帰って安心できる場所を作ってあげることが第一にすることです。そのうえでまずはワンちゃんの生活スペース(サークルやケージ)全体にトイレシーツを敷き詰めてあげましょう。ワンちゃんはだいたい決まったある位置でトイレをするので、全体のどこでトイレをするのかを確認したらその次はトイレをした所だけにトイレシーツを敷いてあげましょう。そしてそこでトイレをちゃんとしてくれたらトイレトレーを設置しましょう。最初はミスをするかもしれませんが、ちゃんとトイレトレーでする回数が増えてこればもうトイレトレーニングはゴール目前です。
あとは数をこなして、成功率をあげていけばトイレトレーニングは終了です。

このページの先頭へ