マンチカンの起源とは!?

マンチカンの起源には諸説あります。1940年代にイギリスの博士が短い脚を持った猫を発見したものがはじめてという説があります。他にも1950年代にロシアで、1960年代にはアメリカのニューヨークで、1970年代にはニューイングランドでも短足猫が発見されました。 そのため、昔は明確な起源がありませんでしたが、1983年にルイジアナ州でトラックの下に住んでいた突然変異の短足猫が保護され、その猫が繁殖し産まれてきた子猫が現在のマンチカンの原型と言われています。様々な実験や検証を繰り返したのち、短い脚が奇形や病気ではなく、健康な体だということが認められて1995年に「TICA」という猫の登録団体で認められました。そのためマンチカンはわずか20年程ですごい勢いで人気のネコちゃんの仲間入りをしました日本では2008年頃にマンチカンがテレビ番組で紹介されたことがきっかけで、一気に「マンチカンブーム」が到来しました。その後もテレビなどで度々取り上げられ、着実にファンを増やしていき、今では猫の中でもかなり人気のある猫種となりました。ちなみに、マンチカンという名前の由来は「オズの魔法使い」に登場するマンチキン(小さい人)から取られているそうです。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ