ダックスフンドってこんな犬

ダックスフンドはドイツ原産の犬種であり、ジャパンケネルクラブではダックスフンドと記されていますが、ドイツ語ではhundのdは濁らないため「ダックスフント」と呼ばれています。名前の由来はドイツ語でアナグマを表すダックスと、犬を表すフントを合わせた「アナグマ犬」とされています。ミニチュアダックスフンドの特徴でもある短い手足は、巣穴の中のアナグマを狩るために短く改良されたようです。
ジャパンケネルクラブ登録頭数は2007年までは1位で、2015年は柴犬を抑え4位となっている大人気のワンちゃんです。また日本だけでなくアメリカでも人気があり、アメリカンケネルクラブでの登録頭数は常に10位以内に入っています。
サイズにより呼び方が変わり、カニンヘン・ミニチュア・スタンダードと3種類に分類され、理想のサイズが定められています。カニンヘンサイズとは生後15ヶ月時点で測定し、体重が3.2~3.5kg、胸囲30cm以下が理想体型とされています。ミニチュアサイズとは生後15ヶ月時点で測定し、体重が5.0kg以下、胸囲31~35cmが理想体型とされています。上記2種類のサイズより大きいサイズがスタンダードとされており体重が5~12kg、胸囲35cmを超えるものとされています。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ