ドーベルマンのようなミニチュアピンシャーですが

ミニチュアピンシャーのワンちゃんを初めて見たお客様の反応で多いのは「ドーベルマンみたい!」というものです。確かにドーベルマンを小型化したような見た目の持ち主ですが、実はミニチュアピンシャーの方が長い歴史を持っております。ミニチュアピンシャーの一番の特徴は体長と体高がほとんど同じ長さの体型ということです。すらっと引き締まった体つきはなんとも優雅で独特の歩行スタイルもまた美しいです。全身に短い毛をまとい、洋服をスタイリッシュに着こなすワンちゃん界ではイタリアングレーハウンドと同じように理想的なモデル体型の持ち主です。一方で気の強さも持っており番犬としても活躍する一面も持っています。スレンダーな体型と運動能力の高さと高い頭脳とお手入れの手軽さが人気上昇の理由です。標準的な体高は約25~30cmで、標準体重は約4~6kgが理想とされています。ミニチュアピンシャーを飼う際の注意点としては、手足に出来るだけ負担をかけてあげないことです。細い手足を持ち、強い跳躍力でジャンプして着地の際に関節に負担をかけることがあります。成犬になってからは肥満に気をつけ、適度な運動量を与え、しっかりと筋肉をつけてあげることで足腰の負担を減らしてあげるようにしてあげて下さいね。
犬種の標準に合わせることを目的として行われる断耳は日本では容認されていますが、遅めの週齢で行われるためするかどうかは飼い主の方の意向になります。また断尾は基本的に幼い週齢で行われるため、お迎えされる際には断尾されているケースが多いです。

このページの先頭へ