ミニチュアピンシャーの歴史に関して

「ミニピン」という呼称でおなじみのあるミニチュアピンシャーですが、見た目からはドーベルマンの小さいワンちゃんと認識されることが多いですが、実はドーベルマンよりも歴史は長く17~18世紀ごろとされています。祖先犬はドーベルマンと同じ祖先で様々な犬種との交配の末、19世紀ごろに現在のミニチュアピンシャーとほぼ同じ容姿になりました。現在のミニチュアピンシャーという呼び名は1900年代後半になってからです。それまではピンシャーと表されていました。

ミニチュアピンシャーのケアと注意点

ミニチュアピンシャーを飼う上でご注意いただきたい事としては、運動量が豊富なためたくさんの運動が必要です。一日散歩は1時間ほど行っていただけるとワンちゃんは大満足するでしょう。特別寒さに弱い犬種では無いのですが、日本での生活において温かい環境に慣れてしまったため、室内飼育がおススメです。被毛が短いため月に2回ほどシャンプーしてあげれば清潔な状態を保つことが出来るでしょう。また、短毛の犬種によく見られるアレルギーを持っているワンちゃんもいるので、食べ物などは気をつけて与える必要があります。フードの原材料はチキンよりもラム肉をオススメ致します。ラム肉を主原料にしているフードは被毛がなめらかになるという意見が多いからです。

このページの先頭へ