柴犬の毛色

柴犬の毛色には赤毛、黒毛、白毛、胡麻毛があります。割合としては赤毛の柴犬が全体の約8割を占めております。そして黒毛と白毛の柴犬が1.5割ほどを占めており、残りが胡麻毛の柴犬というような割合になっております。

赤毛とは

赤毛は柴犬のイメージとしては一番印象に残っているのではないでしょうか。赤毛は柴犬全体の約8割を占めています。そんな赤毛でも毛色の濃さの違いはその個体により大きく異なります。濃さだけでなく、白毛の入り方や濃さも個体差があります。

黒毛とは

近年では非常に人気が高くなってきている黒毛です。黒柴とも呼ばれることもあります。黒毛はだいたい1割程度です。黒毛の特徴としては墨色や鉄錆色と表され、目の上にある四つ目やまろ眉と言われる白い斑点が特徴的です。この白い斑点は外敵から自らを守るためのカモフラージュだともいわれています。

白毛とは

ソフトバンクのお父さん犬!とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実はお父さん犬は北海道犬なのです。白毛のも黒毛と同様だいたい1割程度です。成犬になると耳や背中にうっすら赤色が混じることもあります。白毛の柴犬はメラニン色素の欠乏が見られるワンちゃんもいます。そのため、鼻や口の中や目の周りなどの毛の色が、濃い方が人気があります。

胡麻毛とは

胡麻毛の柴犬はとっても珍しく、赤色と白色と黒色の被毛が混じっており、その中でも赤の毛色が濃い「赤胡麻」と黒の毛色が濃い「黒胡麻」があります。総称して胡麻柴と呼ばれることもあります。胡麻柴は全体の1割未満ともいわれるくらい珍しい毛色です。堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ