柴犬の起源とは?!

柴犬は日本犬で現在は天然記念物として登録されている犬種です。原始時代に南方より渡ってきてからは日本人とともに生活をしていました。明治時代には一時絶滅の危険になり、その数はとても減少しました。しかし日本犬保存会の活動により日本犬の保護への動きがあり昭和11年には天然記念物として指定されました。
柴犬と日本人との関係性でいえば、今でこそ可愛い家族として飼われていますが、昔はとても利口で寒さにも強く、粗食にも耐えることができるのでウサギや野鳥を狩猟するために飼われていたようです。
現代ではその賢さと従順な性格を持ち合わせているため、日本だけでなく海外でもSHIBAと呼ばれ人気が高い犬種となっております。また現代では、熱心な柴犬のブリーダーの努力で小ぶりな柴犬の繁殖にも力を入れているようです。その努力を数十年間続けることで、小さな柴犬はKCジャパンという血統書発行団体では豆柴という新たな犬種の登録にもつながっております。その豆柴の中でもさらに小さいサイズのことを小豆柴とも呼ばれているようです。
堺市西区ブリーダーズペットショップパインズプラネット

このページの先頭へ