フクロモモンガ通称フクモモに関して

日本の家庭で飼育されている小動物で今人気が高まっているフクロモモンガですが、モモンガと言えば皆さん木の上から滑空している様子をテレビなどでご覧になった事はあるかと思います。モモンガにも種類がいくつかあり、フクロモモンガの他にはアメリカモモンガやタイリクモモンガなどがいます。そのうちのフクロモモンガとアメリカモモンガはペットショップで入手して飼育が可能です。ただしタイリクモモンガは2006年8月から特定外来種に指定されたため、飼う事はできません。それではフクロモモンガの正しい知識・理解を深めていきましょう。

平均寿命と長寿モモンガ

外敵が多い野生のフクロモモンガは7~8年が平均寿命ですが、屋内で適切な飼育をすれば10~15年程という平均寿命の持ち主です。中には17年以上生きた個体もいるそうです。小動物の中では長寿命であり、かかりやすい病気もありません。適切な栄養バランスを考えた食事を与えていれば病気にならずに一生健康で暮らす事ができるでしょう。

フクロモモンガの分類・大きさ・生息地に関して

有袋目フクロモモンガ科フクロモモンガ属の動物です。
リスなどの仲間と勘違いされがちですが、実はカンガルーの仲間になります。
平均体長は12〜15㎝程度で、体長と同じくらいの長さの尻尾があります。
平均体重はオスが120〜160g、メスが100〜135g程度でメスの方が少し小柄です。
生息地はインドネシアやオーストラリアやパプアニューギニアです。

フクロモモンガのカラーバリエーションと販売価格に関して

フクロモモンガには様々なカラーがあり、そのカラーにより販売価格はことなります。
一般的なカラーのグレーやブラウンは1.5万円〜3万円程度です。
白い毛に赤目のアルビノは10万〜20万円。
白い毛に黒目のリューシスティックという種類は10万〜30万円とかなりの高値です

フクロモモンガの特徴

くりくりな大きな目とピンとたった耳が特徴です。そしてなんといってもフクロモモンガは名前の通りメスのお腹にカンガルーの様な袋がありその中で子供を育てるのが最大の特徴でしょう。赤ちゃんは約70日間そのふくろの中で育ちます。
温度管理は重要であり、冬には保温が必須です。常に25〜28℃くらいを保ちましょう。フクロモモンガは夜行性なので日中はほとんど寝ています。ムササビ程では無いですが、それでも高い所からびよーんとジャンプして手の上に着地してくれた時はすごい可愛いです。子供のころから人と接していると人によくなつきます。成長は1年ほど続き1年で大人になります。

フクロモモンガの食事

フクロモモンガは雑食性の強い生き物であり、野生では果物や昆虫などを食べています。ご自宅で飼う際の食事はフクロモモンガ専用のフードがあるので必要な栄養素を補うためにそれを与えるようにしましょう。そのフードを中心に、果物や昆虫用のゼリーを与えましょう。リスなどと同じようにくるみなどを与える際は主食としてではなく、おやつとして少し与えるという認識を持ちましょう。

フクロモモンガの飼育の際の注意点

フクロモモンガがご自宅で生活をする上での注意点ですが、フクロモモンガを外に出して遊ばせる際は、室内であろうと危険はたくさんあるため気をつけましょう。例えば、ワンちゃんやネコちゃんを飼われている方は要注意です。フクロモモンガが攻撃されることがあります。ワンちゃんやネコちゃんにとっては小動物は獲物に見えるので、襲い掛かる事があります。またフクロモモンガは野生では木の上で暮らしているため、犬や猫から襲われるという認識がありません。そのため同じ部屋で離すことは避けた方がよいでしょう。

ご紹介中のフクロモモンガ情報

現在ご紹介中のフクロモモンガ

このページの先頭へ